車から異臭のサイン

自動車は臭いによって何処かに異常を、きたしているかを知ることができます。
そのため、運転中は常に五感を研ぎ澄ませて異臭などがないか気をつける必要があります。

もし、異常な臭いがした場合はすぐに運転をやめ修理業者を呼ぶ必要がありますが、臭いによってどのような異常が発生しているのか知っておくと便利です。

まず、甘いような臭いが漂っていた時には冷却水が漏れていることが考えらます。
冷却水はエンジンなどを冷やすのに重要なものですから、これが漏れているとそのうちエンジンがオーバーヒートを起こし壊れてしまうことがあります。

次にガソリンの臭いですが、これはそのままガソリンが漏れている可能性が高いため非常に危険な状態です。
すぐにどこか安全な場所に停めて、救助を呼ぶことが大事なことになります。

ゴムが焼けるような臭いがする時もありますが、ゴムの臭いがする可能性のある場所といえばまず第一にタイヤです。
そのため、タイヤが異常に発熱していないか手で触れて確認をしてみることにしましょう。
もしタイヤに異常がなければ、エンジンルーム内のベルト関係が異常を起こしている可能性があるので、やはりこのような時にも救援を呼ぶことが大事です。

コメントは受け付けていません。