ガソリン臭の原因

走行中に、自動車の車内でガソリン臭がする場合は、車体のどこかに異常があるサインです。車内にまで臭いが入ってくる可能性としては、フューエルタンク側から入ってくる場合と、エンジンルーム側から入ってくる場合が考えられます。
フューエルタンク側から入ってくる場合には、タンク自体が破損すると言ったことは、現代の自動車ではまず考えられません。昔は金属のタンクだったので、僅かに混入する水が比重の違いでタンクの底の方に溜まり、そのためにタンクが錆びて燃料が漏れると言ったこともありましたが、現在の自動車は、タンクは耐油性の合成樹脂製ですので、その心配はありません。タンクよりも、燃料ポンプ等、タンクからエンジンに至るまでの燃料の通路にあるシール材が劣化して漏れる方が可能性が高いです。シール材は消耗品ですから、定期点検などで交換していればこのような異常のサインは発生しない場合が多いのですが、定期点検を怠っていたり、古い中古車の場合には、このような原因で臭いがすることがあります。
エンジンルーム側から入って来る場合には、燃料ホースやインジェクター付近のホースやパイプのひび割れによる燃料漏れの可能性があります。この場合、僅かににじみ出る程度の漏れでも臭いがします。
何れの場合にも、細かな点検と修理が必要となりますので、このような異常のサインを感じたら、自動車修理工場に修理を依頼することです。

コメントは受け付けていません。