エンジンからの異常サイン

車に何らかのトラブルが発生すると異音が発生することがあります。異音は車のトラブルのサインなのです。車のことにあまり詳しくなくても、それまでなかったような異音が発生すれば気づくものです。

エンジンルームから異音が発生する場合には、いくつもの原因が考えられます。多いのファンベルトの経年劣化によって生じるキュルキュルという甲高い音です。ベルトに傷が入ったり、たるみがあったりすると異音を発生します。亀裂が入っている場合は、切断してしまう危険があるので、早めに取り換えることが大切です。

また、バルブの開閉を行っているカム機構が接触すると、カラカラという異音を発生することがあります。一般にカム音といいますが、アクセルを踏み込むにしたがってカラカラ音が大きくなるので異変にすぐに気が付くと思います。原因としては、カム山やリフターの磨耗や、アジャスター不良です。またオイルを定期的に交換していないとやはり異音が大きくなります。

また、オイルの劣化やオイル不足によって異常燃焼が起こり、カリカリというノッキング音が引き起こすことや、ベアリングが破損によってウィーンという感じの異音が発生することもあります。

いずれにしても、異音が発生した場合は、速やかにディーラーや自動車修理工場に持っておき、修理する必要があります。そのままにしておくと、人間の体といっしょで、さらに悪化してしまうこともあるので注意しましょう。」

コメントは受け付けていません。