ドライブトレインの異常サイン

ドライブトレインとは、エンジンで発生した回転力をタイヤに伝えるための、自動車の動力伝達機構全体のことを指している言葉です。その構成品としては、トランスミッションやプロペラシャフト、ディファレンシャルギア、それにドライブシャフトなどがあります。これらの構成品に異常があった場合には、先ず確実に走行中に異音がします。どのような音かと言うと、走行中に常に「ゴー」という比較的低い音が鳴り響きだします。そして、この音は、速度に比例して変化すると言った特徴を持っていますので、すぐにそれと分かります。
自動車のメーターパネルには、様々な警告灯があり、自動車に異常があった場合等に点灯する様になっていますが、トランスミッションやプロペラシャフトなどの動力伝達機構に関する警告灯はありません。それらは機械部品であるため、常に電気的にモニターしているわけにはいかないからです。そのため、異常サインとしては、前述の異音が唯一のものとなります。
もしも走行中に低音の異音が鳴り響きだした場合には、速やかにその自動車を購入したディーラーや、自動車修理工場などに持ち込み、点検と必要に応じて修理をしてもらうことが大切です。自動車にとって非常に大切な部分であり、素人が修理できるものではとてもありませんので、異音を無視してそのまま走行したり、自分で修理しようとすると、思わぬ事故に繋がってしまいます。必ず、資格を持った整備士の方に見てもらってください。

コメントは受け付けていません。